100万ドルの夜景が見える家

高級賃貸で貸せる物件はと質問された。

高級賃貸で貸せる物件はと質問された。 以前、不動産売買の営業をしていたのもあり、高級賃貸の物件はどんな物件か質問をされます。
やはり、憧れの場所など需要がある高級賃貸物件が1番。
しかし、高額だしなかなか大家にはなれないですよ。
購入に資本が必要だし、目利きも必要ですよね。
だれもが、質問して簡単にできるなら良いのですが、そうは行きません。
高級賃貸物件を目指すなら、割り切る事も必要です。
安く買って高く貸す。
昨今、外国人の高級賃貸が増えています。
日本の多くの戸建てには6畳と4.5畳の部屋が多く見られます。
外国人には、とても狭い作りですよね。
だったら合わせちゃいましょう。
10.5畳の寝室にリフォームすることができれば安い物件も高級物件として貸す事も出切るかもしれません。
ファミリー層向けならば、そういう部屋が2つ3つ必要になりますし、 リビングとダイニングを分けた間取りが必要。
ともなれば、100平米以上の物件かと思います。
質問の答えになったでしょうか、 どうするかはセンスです。

高級賃貸物件の契約の進め方

高級賃貸物件に住みたいと思ったら、インターネットや不動産情報誌を利用しながら理想の物件を探すことから始めましょう。
高級賃貸物件と言っても一般的な賃貸物件と同じように契約を結ぶことになるので、仲介している不動産業者に申込を行う必要があります。
通常通り入居の審査を受けて承諾がおりれば晴れて契約という形になります。
入居審査では収入状況や人物像、勤務先、勤続年数、保証人等をチェックしていきます。
高級賃貸物件の場合は月々の家賃が数十万円単位になるため、それなりの収入がある方でないと入居は難しくなります。
もちろん安定した収入があって雇用形態や勤務先がしっかりしていれば、問題なく入居できるでしょう。
契約の際は本人確認の書類や印鑑等が必要になりますが、初期費用も支払うことになるのであらかじめ金額を確認しておきましょう。
初期費用には敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険料等が含まれます。
火災保険は定期的に更新する形になります。