100万ドルの夜景が見える家

近年の高級賃貸のトレンド

近年の高級賃貸のトレンド 高級賃貸のトレンドは部屋の広さだけでなく、マンションが建っている立地や生活環境にもあります。
魅力的な共有スペースがあることで、洒落たデザインのラウンジでゆっくりとコーヒーでも飲みながら過ごす、優雅な一時が持てるところ。
たくさんの本が置いてあるブックラウンジも本好きの人にはたまらない魅力です。
そして何と言っても高級賃貸の一番人気のトレンドは、インターネットをできる環境がラウンジに備わっているということです。
現代人はインターネットを使って様々なことを行っていますので、これはとても魅力的です。
セキュリティーの面でも一般的なマンションとの違いがあります。
オートロックだけでなく2重オートロックになっているということです。
そのうえ防犯カメラや警備会社との提携があるので、安全性がとても高いので、安心して暮らすことができます。
高級賃貸でも戸建の場合は、何と言っても立地にかかっていて、住む人の利便性を考えて安心して快適に暮らせるところがとトレンドです。

過去の高級賃貸のトレンドを振り返る

あえて高級賃貸と銘打つには、一般の賃貸物件と違って、何らかの線引きがされているものとなります。
全国規模で見ると、一月の家賃が10万円以上がそれに該当し、都内に限っては30~50万円をボーダーラインにしているとのことです。
過去にも高級賃貸のマンションはありましたが、外資系企業に勤める外国人向けが大半を占めていました。
こういった物件には、単に敷地面積が広いだけでなく風呂や部屋数も相当数ある他に、あらかじめ外国産の家電や家具が一式そろっているなどの特徴があります。
また、日本に滞在する期間が決められていることが多く、ローテーション化された賃貸方式だといえます。
現在では、バブル期の不動産神話の崩壊を経て、住環境の在り方に変化が見られるようになりました。
特に、治安の悪化や度重なる天災への懸念が大きく、万全のセキュリティー対策が施された物件は、10万円単位の家賃設定でも埋まるほどの盛況ぶりです。
また、オープンキッチンやIHクッキングヒーターと言った利便性の向上も、高級賃貸マンションに人気が集まる要素でもあります。